賃貸マンション契約での保証人

賃貸マンション契約時には、原則として家族を連帯保証人にする必要があります。家族ではなく友人などを保証人にすることも可能ですが、ちょっと怪しまれてしまうかもしれません。保証人を用意できない場合には、保証会社と契約することになりますが、別途保証料を払う必要が出てきます。最近では、保証人を立てて、その上さらに保証会社をつけることを要求されるケースも出てきました。大家さんにとっては、連帯保証人よりも保証会社をつけてもらったほうが確実に賃料を回収できるので、今後そういったケースは増えていくかもしれません。

Copyright ©All rights reserved.3階建ての賃貸マンションに住むなら3階の角部屋がおすすめ.